House of Sweden in Tokyo 東京の「スウェーデンの家」

Published 7 March 2013 in:

Photo: Catarina Axelsson/MFA

The building where the Swedish Embassy is located in Tokyo is a landmark. It was built in 1991 and has functioned as was intended ever since. The building has an exciting design, combining Swedish and Japanese solutions. The two architects, Michael Granit from Sweden and Yoshito Katoh from Japan, managed to create a building that has made its way into books about interesting places in Tokyo and TV programs about how interesting an Embassy can be. Inside the building there are also other offices representing our country. It has become a true House of Sweden. Over the years there have been countless exhibitions and seminars in the Bergman Hall and the Alfred Nobel Auditorium.

For a building in such a large city as Tokyo twenty-two years is a relatively long time and the city landscape is developing all the time. It therefore makes me very glad to note that the Ministry for Foreign Affairs and the National Property Board of Sweden have just agreed to maximise the use of this building to its full potential. A long-term contract has been signed and there will be a few modernising projects inside the building to accomodate the needs of today. The building will continue to serve as a Swedish landmark for many more years to come.

Unfortunately, I also just learned that the Japanese architect, Yoshito Katoh, passed away a short while ago. Therefore, I would like to dedicate the positive news about how well this building will continue to be taken care of to him.

東京のスウェーデン大使館が入っている建物は、ランドマークと言えるでしょう。

それは1991年に建設されて以降、本来意図された通りにスウェーデンの日本における拠点として機能してきました。

その建物はスウェーデンと日本が融合した刺激的なデザインで、スウェーデンのミカエル・グラニット氏、そして日本の加藤吉人氏という二人の建築家の手によるものです。東京の特徴ある建物として本に掲載され、テレビ番組で面白い建物として取り上げられたりも致しました。建物内部には、大使館以外に私達の国を代表する機関も入っています。正にスウェーデンの家と言えるでしょう。ここで長年に亘り、数え切れないほどの展示会やセミナーがベルイマン・ホールやアルフレッド・ノーベル講堂で開催されて来ました。

東京の様に大きく、常に変化している都市にある建物としては、22年は比較的長い歴史を持つと言えるでしょう。この度スウェーデン外務省とスウェーデン建物管理庁が、その可能性を最大限に活用することで合意に至ったことを、私は非常に嬉しく思います。長期に亘る契約が結ばれ、今後は建物内部を時代が求める必要性に適応させていくプロジェクトが計画されています。大使館の建物は今後もさらに長年に亘り、スウェーデンのランドマークとしてあり続けることでしょう。

 

残念なことに、設計に関わった加藤吉人氏がほんの少し前になくなられたことを私は知りました。そのため、この建物がこれからも継続して大事にされていくという嬉しいニュースを彼に奉げたいと思います。